浴室の水のトラブルは髪の毛の処理が大変

浴室における水のトラブルといえば、排水口から水が流れていかず、溜まってしまうことが多いです。浴室の排水口には石鹸やシャンプー類の油脂、皮膚片、ごみなどさまざまな物がお湯とともに流れ込みます。これらも時間の経過とともに排水管にこびりついてつまりの原因となります。

■髪の毛はこまめに除去することが大切

浴室における水のトラブルの原因で、非常にやっかいなのが髪の毛です。皮膚片と違い、同じ人体の一部ですが分解が遅いので排水口から排水管の間にたまるとなかなか除去できなくなります。排水管にたまるのを防止するために、浴室床面の排水口に細かな編み目が入ったストッパーのような器具を置くと、髪の毛が排水口に吸い込まれず溜まっていきます。しかし溜まった髪の毛をこまめに除去しないと結局排水はうまくいきません。自分の髪の毛であっても溜まりすぎて油脂類と混ざり合うと、ぬめぬめとした状態になって気持ち悪いために放置する人もいますが、しっかり除去することが必要です。
こうした浴室の水のトラブルを一気に問題解決を図りたいのであれば専門業者に委託することです。高速洗浄機で排水口から排水桝まで一気にクリーンにしてくれます。

■経年劣化による水漏れ

浴室の水周りで排水口と並んで水のトラブルのもとになるのが蛇口まわりです。水と接することが多い場所なので、当然パッキングなどの部品が早く傷みます。また、使用するたびにいろいろな場所を動かすので、接続部の緩みも出て水漏れトラブルが発生します。シャワーヘッドは内部に水がたまる構造的となっていますが、水漏れはしないように設計されています。しかし経年劣化は避けられません。徐々に機能が低下して、ここからも水漏れトラブルが発生します。
浴槽も本体のひび割れや、水量調節のためのゴム栓、排水口の故障などで水位が下がるという水漏れ現象が起きますし、給湯器も給水ホースや排水ホースの亀裂、接続部分の緩み、安全弁の劣化などが原因で給湯器 水漏れが起きます。

■まとめ
髪の毛のように、自身で定期的に除去することで防げる水のトラブルもありますが、経年劣化の場合、どうしても劣化を止めることは出来ません。そのため浴室の快適な水周り管理という観点からは、一定の時期が来たら交換することが大切です。管理したほうが良いものの中には、給湯器のような精密なメカニズムのものもあります。素人では交換等が難しい場合もあるため、不安な場合は専門業者に相談すると安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ